---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)何を決め手に選ぶかリスク細分型が安くて安心原付の任意保険

原付の保険料 ここがチェックポイント!


原付の保険料は、自動車保険の原付特約(ファミリーバイク特約)が最もお得ですが、単独のバイク保険の場合は通販・リスク細分型が安くなります。


■本人、家族が自動車保険に加入 ⇒ 原付(ファミリーバイク)特約がとてもお得です。

原付(ファミリーバイク)特約は原付のための自動車保険特約です。
6千円〜1万円程度の保険料の追加で対人・対物・自損傷害が補償されます。
家族の誰でも、複数の原付でも、借りた原付でも補償の対象です。


■本人、家族 自動車保険未加入 ⇒ 単独のバイク保険を選ぶことになります。

バイク保険は二輪バイクのための保険で基本は自動車保険と同じです。
加入時の保険料は高いですが無事故を続ければ等級が上がり割引が大きくなります。
加入者の条件に合った保険料設定ができる通販・リスク細分型がおすすめです。


---原付の種類-------------------------------------------------------------------------------------------------
・50cc以下の原付       … 法定速度30km、2人乗り禁止(原付1種)
・50超125cc以下の原付  … 法定速度60km、2人乗り可能(原付2種)
の2種類があり、どちらも維持費などの手軽さが命、保険もできるだけリーズナブルな選択をしたいものです。

原付 保険料|原付特約を付け保険料最安を選ぶ


この保険料の違いをご覧ください。
   原付(ファミリーバイク)特約無しの保険料の比較例です。

この例の本体自動車保険の保険料の差は最大で約2万円

原付特約の各社の保険料の差は最大でも5〜6千円程度です。

せっかく保険料の安い原付特約が見つかっても、本体の自動車保険の料金差でその「安さ」が消し飛んでしまうかも知れません。


■年間保険料〜30代家族の一括見積でので比較
(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)
  • BBBB      37,910円
  • CCCC損保    38,260円
  • DDDD      40,280円
  • FFF損保     42,760円
  • そんぽG     43,290円
  • HHHH海上    50,040円
  • JJJJ損保     52,800円
  • NNNN火災    56,990円
  • KKKK損保    57,540円
  • MM海上     57,770円

【条件】住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


特約の保険料の安い所が本体の自動車保険も安いとは限りません。

原付の保険料を安くすることは、結局は安い自動車保険を選ぶことになります。

「特約を付けた自動緒車保険を見積もりで比較する」
それが原付の保険料を後悔のないものにする最も良い方法でしょう。

原付 保険料|保険料が安いと定評の3社から選ぶ


「各社を比較・検討する時間がない」「安いと評判のところで特約付きの料金を確認したい」
そんな場合にお勧めなのが次の3社です。(当サイト人気順)

保険料が安いうえに、それぞれが他社にない特色を持っています。
この中から選べば間違いがないでしょう。


アクサダイレクト

ファミリー特約付きでトップレベルの安さと安心の総合力!
ファミリーバイク特約を付けてもともかく安いと定評。
初期対応・事故対応・故障対応などの総合的レベルの高さが魅力です。


チューリッヒ

最高レベルのロードサービスがリーズナブルな保険料で!
ファミリーバイク特約は対人・対物・自損事故のスタンダードなタイプ。
全国8,000拠点から24時間365日現場駆けつけのロードサービスが魅力です。


三井ダイレクト

原付特約のタイプを選べるのがメリットです。
賠償//賠償・自損傷害/賠償・人身傷害の3タイプから選択。
原付の利用状況に合ったリーズナブルな選択が可能です。


※閑話休題・・・車のお話

自動車の一括査定サービスをご存知ですか。車を高く売るなら欠かせない無料査定サービスです。

原付 保険料|単独のバイク保険の保険料


自分も家族も自動車の任意保険に加入していない場合は、単独のバイク保険に加入する方法があります。

原付に最適のバイク保険は、ズバリ言って通販・リスク細分型バイク保険でしょう。

中間コストのない通販型保険はもともと保険料が安いのですが、
原付のバイク保険にリスク細分型がおすすめの理由は、
原付以外のバイクと保険料区分が分けられるという点です。


チューリッヒの場合は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトの場合は、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。

例えば2種原付(51cc〜125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
走行距離を気にしなくて良いアクサダイレクトにすれば安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。


=軽自動車のお得な話=
軽トラックの中古はどこでも引っ張りだこのようですね。
中古を欲しがる人が多い上、圧倒的にタマが少ないからだそうです。


Copyright © 自動二輪の任意保険は通販がお得 All Rights Reserved.